電子部品|企業速報 証券市場新聞

三井ハイテクは値下がり率トップ、19年1月期19%経常減益で減配へ

 三井ハイテック(6966)が急落、東証1部値下がり率トップとなっている。15日取引終了後に発表した18年1月期の連結決算が計画を下回り、19年1月期は売上高870億円(前期比10.5%増)、経常利益15億円(前期比19.2%減)と増収ながら大幅減益を予想したことを嫌気した売りがかさんだ。車載向けや環境対応製品、情報端末向け製品の需要に対応するための先行投資が収益を圧迫。年間配当を8円(前期16円)へ減配する。併せて発行済株式総数の0.91%にあたる35万株、金額にして6億5000万円を上限とした自社株取得枠を設定すると発表したが、反応は限定された。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュース

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket