ショップ|企業速報 証券市場新聞

アスクルが続急落、3Q営業利益通期計画超過も利益確定売り

 アスクル(2678)が続急落。16日取引終了後に発表した18年5月期第3四半期累計の連結決算で、営業利益39億3600万円(前年同期比41.2%減)と通期予想をの38億円(前期比57.1%減)を超過したが、株価は先行して上昇、戻り高値圏にあったことから、利益確定売りが優勢になった。埼玉物流センター火災の影響が残り、大幅減益となったが、BtoBやBtoC両事業が順調で、収益が計画を上回った。ただ、物流設備導入費用などが増加することから、通期は従来予想は据え置いた。

株式ニュース

Pocket