素材|企業速報 証券市場新聞

日製鋼(5631)が急落、減損損失で18年3月期利益予想を下方修正

 日本製鋼所(5631)が急落。同社は20日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高は2100億円(前期比1.2%減)、営業利益は200億円(同62.1%増)で据え置いたが、最終損益を135億円の黒字から100億円の黒字(前期49億6800万円の赤字)へ下方修正したことが嫌気された。素形材・エネルギー事業の事業環境が未だ回復せず、業績が当初事業計画を下回ることが予想されるため、固定資産にかかる約14億円の減損損失が発生する見込み。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュース

Pocket