企業速報01|企業速報 証券市場新聞

阪急阪神(9042)が安値、タイガースのオープン戦最下位も不安視

阪急阪神ホールディングス(9042)が3日続落、昨年来安値を更新した。ホテル事業はインバウンド需要の好調により成長してきたが、供給増などにより苦戦を強いられていることがネガティブ材料視されている。加えて、阪神タイガースがオープン戦で最下位となったことから間もなく始まる公式戦への不安が高まっていることも個人投資家にとって不安視されている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュース

Pocket