企業|企業速報 証券市場新聞

ダイコク電(6430)が小幅続伸、18年3月期予想下方修正も悪材料出尽くし

 ダイコク電機(6430)がが小幅続伸。同社は26日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想を売上高で390億円から340億円(前期比16.5%減)へ、営業利益で13億円から10億5000万円(同0.2%増)へ、純利益で8億円から6億5000万円(同29.5%増)へ下方修正したが株価は3月7日に1884円の昨年来高値更新後に下落を続けていたことから悪材料出尽くしとなっている。「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則」が施行されることに伴うホール業績への影響の不透明感から、パチンコホールの新規出店が減少したことなどにより、情報システム事業において製品販売が計画を下回った。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュース

Pocket