カルナバイオ(4572)はS高、キナーゼ阻害剤開発・事業化で大日住友薬と契約

 カルナバイオサイエンス(4572)ストップ高カイ気配。27日取引終了後に、大日本住友製薬(4506)と精神神経疾患を対象としたキナーゼ阻害剤の創製プログラムについて、共同研究と開発、事業化に関する契約を結んだと発表したことを受け、キナーゼ阻害剤の開発スピードアップと早期事業化を期待した買いが殺到した。契約に基づき大日本住友から契約一時金と研究マイルストーンとして最大8000万円のほか、臨床開発・販売へ移行した場合、開発・販売マイルストーンとして最大約106億円、販売額に応じた一定のロイヤルティーを受け取る。

株式ニュース

Pocket