IT|企業速報 証券市場新聞

ソフトバンクG(9984)が急落、ウーバーとエヌビディア株保有をネガティブ材料視

ソフトバンクグループ(9984)が急落。米配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズの自動運転車がアリゾナ州で歩行者をはね、死亡させる事故が起きたことから、ウーバー社へ出資している同社もこれを嫌気した売りを浴びているようだ。株価が急落した米画像処理半導体メーカーのエヌビディア株を保有していることもネガティブ材料視されている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュース

Pocket