素材|企業速報 証券市場新聞

三協立山(5932)が後場軟調、第3四半期は83.8%営業減益

三協立山(5932)が後場軟調、一時前日比82円安の1500円まで売られた。この日13時に、18年5月期第3四半期累計(17年6月~18年2月)の連結決算を発表、売上高は2411億3000万円(前年同期比2.4%増)、営業利益は8億4800万円(同83.8%減)、純利益は2億2800万円(同92.9%減)と大幅な減益だったことが嫌気された。アルミ地金価格の上昇や建材事業での売上減少などが利益を圧迫している。
通期は売上高3360億円(前期比4.7%増)、営業利益25億円(同62.8%減)、純利益12億円(同43.5%減)と従来予想を据え置いている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュース

Pocket