小野薬(4528)が急落、米メルクの抗がん剤の臨床好結果で競合激化を警戒

 小野薬品工業(4528)が急落、下落値は一時15%を超えた。米製薬大手のメルクが、がん治療薬「キイトルーダ」の非小細胞肺がん患者への臨床試験で、生存期間を延ばす効果を確認できたと発表。キイトルーダは小野薬品のがん免疫薬「オプジーボ」の競合製品で、競合激化によるオプジーボの販売減少と業績への影響を警戒した売りが膨らんだ。

株式ニュース

Pocket