企業速報01|企業速報 証券市場新聞

海洋掘削(1606)と三井海洋(6269)が買われる、南鳥島でレアアース世界需要の数百年分が刺激

日本海洋掘削(1606)と三井海洋開発(6269)が買い進まれた。レアアース(希土類)が、小笠原諸島・南鳥島(東京都)周辺の排他的経済水域(EEZ)の海底に世界需要の数百年分あることが分かったと、東京大学や海洋研究開発機構などの研究グループが10日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表したと報じられたことが材料視された。レアアースの掘削が実現すると海洋資源開発で豊富な経験を有する同社のビジネスチャンスは大きいとの思惑が働いているようだ。

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket