自動車|製造業 証券市場新聞

設備投資関連が高い、機械受注前月比プラスポジティブサプライズ

安川電機(6506)、キーエンス(6861)、ファナック(6954)など設備投資関連が高い。この日立ち合い開始前に内閣府が発表した2月の機械受注統計で、設備投資の先行指標となる「船舶電力を除く民需」(季節調整値)が前月比2.1%増の8910億円に伸びたことを好感。市場予想は2.5%減だっただけにポジティブサプライズになった。米中貿易摩擦問題への警戒感が後退していることや1ドル107円台と円が弱含んでいることも買い安心感を誘った。

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket