レポート|企業速報 証券市場新聞

電通(4324)が反発、みずほ証券が「中立」から「買い」へ引き上げ

電通(4324)が反発。11日付けでみずほ証券が投資判断を「中立」から「買い」へ、目標株価を5300円から6500円へ引き上げたことが材料視された。18/12期はFIFAWorld CupTM、アジア競技大会、バレーボール世界選手権、19/12期は10月に消費増税、ラグビーWorld Cupや世界陸上といった収益機会が続き、20/12期の東京五輪で頂点へと評価。18年12月期は通期連結営業利益で会社側計画の1129憶円(前期1373憶9200万円)に対して従来予想の1200憶円から1250憶円へ、19年12月期は1300憶円から1370憶円へ引き上げている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket