企業|企業速報 証券市場新聞

松竹(9601)が続伸、「8年越しの花嫁 奇跡の実話」ヒットで18年2月期利益予想を上方修正

 松竹(9601)が続伸。同社は12日の取引終了後、18年2月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を947億9000万円から928億7000万円(前期比3.4%減)へ、営業利益を54億5000万円から64億6000万円(同14.3%減)へ、純利益を25億円から37億4000万円(同0.8%増)へ修正、利益の上方修正を好感した。昨年12月公開の「8年越しの花嫁 奇跡の実話」が、競合作品の多い正月興行において興行収入28億円の大ヒットとなったこと、また演劇事業においても、歌舞伎座の1月、2月の松本幸四郎改め二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎の高麗屋親子三代の襲名披露公演を中心に歌舞伎公演が活況を呈したことが寄与している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket