企業|企業速報 証券市場新聞

フジプレアム(4237)が3日続落、発注企業側の製品化遅れで18年3月期予想を下方修正

 フジプレアム(4237)が3日続落。同社は17日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を130億1200万円から102億7100万円(前期比19.9%減)へ、営業利益を9億700万円から3億8600万円(同41.5%減)へ、純利益を5億100万円から2億3600万円(同6.7倍)へ下方修正したことが嫌気された。主力事業の精密貼合及び高機能複合材部門において発注企業側の製品化の遅れが影響している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket