決算|企業速報 証券市場新聞

CEHD(4320)が一時S高、電子カルテ前倒しで第2四半期予想を上方修正

 CEホールディングス(4320)が急動意、一時ストップ高まで買われた。同社は23日の取引終了後、18年9月期の第2四半期累計(17年10月~18年3月)連結業績予想の修正を発表、売上高を42億4000万円から45億3400万円(前年同期比38.5%増)へ、営業損益を7000万円の黒字から3億3900万円の黒字(前年同期8600万円の赤字)へ、最終損益を1500万円の赤字から1億9100万円の黒字(同6000万円の赤字)へ上方修正した。主力製品である電子カルテシステム「MI・RA・Isシリーズ」の販売において、第3四半期に計画していた一部物件の検収が第2四半期に早まったことや外注費を中心に固定費が減少したことが寄与している。

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket