企業|企業速報 証券市場新聞

住友理工(5191)が反落、コスト増大で18年3月期利益予想を下方修正

 住友理工(5191)が反落。同社は24日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を4500億円から4600億円(前期比8.8%増)へ、営業利益を145億円から120億円(同11.8%減)へ、純利益を55億円から35億円(同32.6%減)へ修正した。中国・アジア市場で自動車、インフラ分野向けの販売が好調だったものの、北米・アジアでの新規品立上げコストの増大や米国拠点の生産混乱が利益を圧迫している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket