電子部品|企業速報 証券市場新聞

東エレク(8035)が急伸、19年3月期30.2%営業増益予想を好感

 東京エレクトロン(8035)が急伸。同社は25日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想を発表、売上高は1兆4000億円(前期比23.8%増)、営業利益は3660億円(同30.2%増)、純利益は2700億円(同32.1%増)と市場コンセンサスを上回る大幅な増収増益を見込み、配当も前期の347円から433円と増配を打ち出してきたことが好感された。主力の半導体製造装置に関して、引き続き旺盛なメモリ需要や、半導体用途の広がりを背景に、設備投資は好調に推移する見込み。また、FPD製造装置についても、大型パネル向けの投資拡大により、好調な需要が見込まれる。製造子会社の東京エレクトロン テクノロジーソリューションズの山梨(藤井)および東北事業所内に新棟(生産棟)を建設することも発表しており、攻めの経営が評価されている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket