ゲーム|企業速報 証券市場新聞

任天堂(7974)が反発、19年3月期26.7%営業増益予想を好感

 任天堂(7974)が反発。同社は26日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想を発表、売上高は1兆2000億円(前期比13.7%増)、営業利益は2250億円(同26.7%増)、純利益は1650億円(同18.2%増)と大幅な増収増益を見込んでおり、配当も590円から100円増配の690円を予定していることが好感された。ニンテンドースイッチ向けでは4月に発売した「Nintendo Labo」に加え、6月に「マリオテニス エース」を、人気シリーズである「大乱闘スマッシュブラザーズ(仮称)」を年内に発売予定にあるなど積極的に新ソフトを投入することが寄与する。古川俊太郎常務が社長に昇格する人事も発表しており、新体制への期待もある。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket