ビール|飲食 証券市場新聞

ペッパー(3053)が反落、第1四半期33.4%営業増益も利益確定売り

 ペッパーフードサービス(3053)が4日ぶり反落。同社は27日の取引終了後、18年12月期の第1四半期(1~3月)連結決算を発表、売上高は132億1300万円(前年同期比88.0%増)、営業利益は7億6800万円(同33.4%増)、純利益は3億6100万円(同0.2%増)と大幅な営業増益となったが利益確定売りに押されている。既存店の好調に加えて1月に米国初となるペッパーランチ1号店をロサンゼルスに出店するなど新規出店効果が寄与している。
 通期は売上高629億3200万円(前期比73.7%増)、営業利益40億3300万円(同75.5%増)、純利益25億1100万円(同88.5%増)と従来予想を据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket