企業|企業速報 証券市場新聞

大成ラミック(4994)が3日続落、新工場稼働遅延で18年3月期予想を下方修正

大成ラミック(4994)が3日続落。同社は27日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を259億3000万円から256億5000万円(前期比7.3%増)へ、営業利益を19億8000万円から16億2000万円(同18.1%減)へ、純利益を16億5000万円から13億8000万円(同50.9%減)へ下方修正した。海外連結子会社のTLMが保有する敷地がマレーシア政府が進める高架鉄道計画により収用され、移転に伴い新工場建設を進めていたが、工場稼働の遅延により当初の売上計画を下回る見込み。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket