企業|企業速報 証券市場新聞

そーせいグループ(4565)が続騰、連日で株式分割を考慮した上場来高値を更新した。18日取引終了後、子会社の英ヘプタレス・セラピューティクス社が英カイマブ社と新規抗体薬の研究開発・商業化に関する戦略的共同研究を開始したと発表したことが買い手がかりになった。
カイマブ社はヒトモノクローナル抗体の主要バイオ医薬品会社で、主にがん免疫療法領域で複数のGタンパク質共役受容体(GPCR)をターゲットとした新規抗体薬の研究開発と商業化ウィ共同で進めていく。
今回の提携により、ヘプタレス社はStaR基盤技術を活用して安定化した抗原を作製、カイマブ社は抗原を接種してKymouseと呼ばれるヒト抗体探索技術により抗体を作製する。両社が相補的に持つ開発力を活かして有望なリード抗体の開発を目指す。

証券市場新聞

Pocket