決算|企業速報 証券市場新聞

アルファクスFS(3814)が反落、自動発注システム対策人件費増で18年9月期予想を下方修正

 アルファクス・フード・システム(3814)が反落。同社は2日の取引終了後、18年9月期の単体業績予想の修正を発表、売上高を22億6000万円から21億5000万円(前期比3.0%増)へ、営業利益を2億2000万円から1億4000万円(同2.9%増)へ、純利益を1億4600万円から8500万円(同36.1%減)へ下方修正した。「自動発注システム」受注の増加を考慮した人件費増が圧迫している。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket