電子部品|企業速報 証券市場新聞

ラサ工(4022)が続急伸、半導体向け好調で18年3月期利益予想を上方修正

 ラサ工業(4022)が続急伸。同社は7日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高は270億円(前期比16.0%増)で据え置いたが、営業利益を25億円から28億円(同72.6%増)へ、純利益を18億円から22億円(同27.5%増)へ上方修正した。化成品事業では、国内外の半導体向け高純度燐酸の販売が好調に推移、電子材料事業は、化合物半導体向け高純度無機素材の建値の急速な回復により、在庫評価の影響が損益を押し上げている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket