穀物|企業速報 証券市場新聞

日東富士(2003)がストップ高、シナジー効果による19年3月期の営業増益予想を材料視

 日東富士製粉(2003)がストップ高カイ気配。同社は7日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想を発表、売上高は570億円(前期比15.0%増)、営業利益は30億円(同3.5%増)、純利益は22億円(同5.8%減)と18年3月期の売上高495億6100万円(前の期比1.4%増)、営業利益28億9800万円(同24.7%増)、純利益23億3600万円(同35.1%増)に続いて営業増益を見込んでいることが材料視された。三菱商事グループ各社との連携強化や、昨年12月に連結子会社となった増田製粉所との開発・営業面でのシナジー効果をさらに増加させていく。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket