電子部品|企業速報 証券市場新聞

スミダ(6817)が急落、第1四半期70.8%営業減益を嫌気

 スミダコーポレーション(6817)が急落。同社は7日の取引終了後、18年12月期の第1四半期(1~3月)連結決算を発表、売上収益は227億100万円(前年同期比5.1%増)、営業利益は4億5600万円(同70.8%減)、純利益は2億8700万円(同69.4%減)と大幅な減益となったことが嫌気された。人件費・社会保険料、原材料価格の上昇に加え、製品構成の変化や旧正月休暇後の一時的な操業度低下等の影響がでている。
 通期は売上収益980億円(前期比8.7%増)、営業利益62億円(同0.3%減)、純利益38億円(同15.6%減)と従来予想を据え置いている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket