ニプロ(8086)が急反落、薬価改定の影響で18年3月期予想を下方修正

 ニプロ(8086)が急反落。同社は8日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を4005億円から3953億円(前期比9.9%増)へ、営業利益を325億円から270億円(同6.2%減)へ、純利益を190億円から118億円(同4.0%増)へ下方修正、期末配当を21円から11円(前年同期21円)へ引き下げた。医療関連事業は国内外ともに概ね順調に推移したものの、国内市場では一部の医療機器において4月の薬価改定を見込んだ買い控えの影響が想定よりも大きい。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket