素材|企業速報 証券市場新聞

東海カーボン(5301)が急反発、18年12月期上方修正で営業利益5.5階に急増

 東海カーボン(5301)が急反発。8日取引終了後、18年12月期通期の連結業績予想を上方修正したことを好感した買いを集めた。売上高を1740億円から1940億円(前期比82.6%増)、営業利益を430億円から637億円(同5.5倍)へ。黒鉛電極の販売価格上昇とカーボンブラックの販売量増加、原料油価格上昇に対応した販売価格の引き上げにより大幅増収で利益が急拡大する見込み。第1四半期の連結決算は、売上高415億9500万円(前年同期比72.6%増)、営業利益127億8700万円(同7.2倍)で着地した。

株式ニュース

Pocket