ミューチュアル(2773)が反落、大口案件ズレ込みで18年3月期予想を下方修正

 ミューチュアル(2773)が反落。同社は10日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を102億円から83億5000万円(前期比31.7%減)へ、営業利益を8億2100万円から3億6900万円(同70.0%減)へ、純利益を4億9600万円から2億2400万円(同71.9%減)へ下方修正した。期末に予定していた大口案件が翌期にずれ込んだこと、主要顧客である医薬品業界が薬価制度の改定を背景に設備投資の見直しを行った影響がでている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket