企業|企業速報 証券市場新聞

メディカル・データ・ビジョン(3902)が続落。東証と日証金が20日売買分から信用取引と貸借取引の臨時措置を実施したことで買いが手控えられた。東証は委託保証金率を現行の30%以上から50%以上(うち現金を20%以上)、日証金は貸借取引自己取引分などの増担保金徴収率を現行の30%から50%(うち現金を20%)に引き上げた。

証券市場新聞

Pocket