レポート|企業速報 証券市場新聞

昭和シェル(5002)が反発、岡三証券がレーティング「強気」継続、目標株価を引き上げ

昭和シェル石油(5002)が反発。21日付で岡三証券がレーティング「強気」継続、目標株価を1680円から1830円へ引き上げたことが材料視された。19/3期のたな卸資産評価影響を除いた連結実質経常利益は、石油製品マージンの堅調な推移や太陽電池事業における費用減などで増益基調で推移すると予想。出光興産との経営統合は、出光興産の大株主の反対により不透明な状況が続いているものの、協働事業は着々と推進されているほか、決算期の統一や役員の相互派遣など経営統合に向けた準備も2月以降大きな動きはみられないものの着々と進められていると指摘している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket