企業速報01|企業速報 証券市場新聞

マイスター(4695)が反発、21年3月期営業利益3割増目指すと伝わる

マイスターエンジニアリング(4695)が反発。24日付の日本経済新聞が「2021年3月期をめどに連結営業利益を今期予想比3割増の10億円程度にする」と報じたことを受け、押し目買いが入った。半導体製造装置の設計請け負いやメンテナンス事業が伸びる。派遣に比べて利益率の高い、請負業務の比率も高めるとしており、本格的な収益拡大が期待された。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket