企業|企業速報 証券市場新聞

エボラブルアジア(6191)が前日に続いてストップ高。20日、民泊運営企業への新規サービス第一弾として、国内航空券・JR・高速バスをOEMで提供するサービスを開始すると発表したことをきっかけに人気を集めており、直近上場銘柄で、需給圧迫がないことが短期資金を呼び込んだ。
新サービスは提供先のブランドイメージに合わせてWEBサイトのデザインや商材をカスタマイズ、ニーズの高い英語、中国語、韓国語の4言語に加え、タイ語、インドネシア語、ベトナム語の3言語にも対応する。

証券市場新聞

Pocket