企業|企業速報 証券市場新聞

育児関連の一角が高い、幼児教育・保育の無償化前倒し実施と報じられる

 JPホールディングス(2749)やライクキッズネクスト(6065)、グローバルグループ(6189)など保育施設を運営する育児関連銘柄の一角が高い。26日付の日本経済新聞が「政府は2019年10月から幼児教育・保育の無償化を全面的に実施する方針を固めた」と報じたことが買い手掛かりになった。政府はこれまで19年4月から5歳児のみを無償化し、20年度から全体に広げる予定だったが半年前倒しする。幼稚園や認可保育所に加え、預かり保育などの認可外施設も対象にするとしており、保育需要拡大によるビジネスチャンスを期待した買いが向かった。

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket