企業|企業速報 証券市場新聞

新日本理化(4406)が大幅高で3日ぶりに年初来高値を更新した。21日取引終了後、集計中の16年3月期業績を修正、利益が計画を大きく上回ったことで買い気が盛り上がった。
連結業績について、売上高は従来予想の288億円から278億円(前の期比8.2%減)へ下振れたが、営業利益は5000万円から3億4000万円(同3.0倍)へ、最終損益は3000万円の赤字から9000万円の黒字(前の期3億1800万円の黒字)へ上振れる。輸入品の流入や原油安への価格対応で売上高は計画を下回るものの、原料調達コスト低減や経費削減効果が大きく、利益は計画を上回る

証券市場新聞

Pocket