素材|企業速報 証券市場新聞

東海カーボン(5301)が連日の最高値、中小型好業績株のリード役として関心集中

東海カーボン(5301)が続騰、連日で最高値を更新した。5月8日の第1四半期決算発表時に続き、28日に韓国東海カーボンの連結子会社化による段階取得差益の発生を踏まえ、18年12月期通期予想を上方修正したことが人気に拍車をかけており、中小型好業績株のリード役として市場の関心が集中。黒鉛電極の需給がひっ迫、カーボンブラックの販売価格上昇などを背景に、連結営業利益657億円(同5.7倍)、最終利益686億円(同5.8倍)を急ピッチの収益拡大を見込む。最高値ながらPERは6倍台と割安感が強く、一段の上値追いへの期待が強い。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket