自動車|製造業 証券市場新聞

トヨタ(7203)が9日ぶり反発、下落率10%に迫り円安一服で買戻し

トヨタ自動車(7203)が9日ぶり反発。円高進行とトランプ米政権による自動車関税引き上げが警戒され、前日まで一本調子の下げが続いていたが、8営業日で下落率は10%に迫り、足もとで円高が一服し円高が一服していることから買戻しが優勢になった。PERは10倍を割り込み、ファンダメンタルズからの割安感も働いている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket