企業|企業速報 証券市場新聞

東急建設(1720)が急反発。15日取引終了後、集計中の16年3月期業績を上方修正したことが好感されている。
連結業績について従来予想の売上高2920億円を2963億円(前の期比12.7%増)、営業利益144億円を181億円(同3.0倍)へ。完成工事高の増加と工事採算の向上により2ケタ超の増収で利益が急増、業績好調に伴い期末配当を15円から20円に引き上げ、年間配当を25円(前の期13円)へ増配する。

証券市場新聞

Pocket