企業|企業速報 証券市場新聞

日立国際電気(6756)が急落、約2カ月半ぶりに年初来安値を更新した。
25日取引終了後に発表した17年3月期の連結業績は、売上収益1640億円(前期比9.3%減)、営業利益126億円(同21.9%減)と減収大幅減益を予想したことが嫌気売りを誘った。国内公共投資やDRAM関連投資が引き続き続き低迷し、業績を下押しする。
前16年3月期連結決算は、売上収益1807億4000万円(前の期比2.4%減)、営業利益161億4900万円(同18.6%減)だった。

証券市場新聞

Pocket