ソフトバンクGが(9984)大商いで続騰、インデックス買いの一方でAIへの投資主体としても関心

目次

ソフトバンクGが(9984)大商いで続騰、インデックス買いの一方でAIへの投資主体としても関心

フトバンクグループ(9984)が東証1部売買代金で2位と商いを膨らませ、続騰。海外ヘッジファンドによる先物へのショートカバーに伴うインデックス買いが株価を押し上げる一方、政府がまとめた骨太の方針のなかで重点課題となっている人工知能(AI)分野の活用による生産革命では、その投資主体として市場の関心が高まった。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる