企業|企業速報 証券市場新聞

ライオン(4912)が続落、1~6月期事業利益6年ぶり減益と報じられる

ライオン(4912)が続落。3日付の日本経済新聞が2018年1~6月期連結決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す「事業利益」が前年同期比1割減の110億円強だったようだと報じたことが嫌気された。本業の利益が減益になるのは1~6月期としては6年ぶりとなる。主力の歯ブラシや洗口液の販売は順調に伸びたものの、洗剤や容器の原料であるナフサ(粗製ガソリン)の価格が上昇しており、利益を圧迫したとしており、業績計画下振れが警戒された。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket