コンビニ店内|企業速報 証券市場新聞

わらべや日洋HD(2918)が反落、第1四半期は30.3%営業減益

 わらべや日洋ホールディングス(2918)が反落。同社は4日の取引終了後、19年2月期の第1四半期(3~5月)連結決算を発表、売上高は544億6100万円(前年同期比0.2%増)、営業利益は11億1600万円(同30.3%減)、純利益は7億1600万円(同33.8%減)増収減益だった。セブン-イレブンの出店に伴う納品店舗数の増加などにより拡大したものの、食材関連事業において、水産加工品の取扱高が減少している。
 通期は売上高2246億円(前期比2.5%増)、営業利益40億円(同7.2%増)、純利益21億5000万円(同2.7%増)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket