コンビニ店内|企業速報 証券市場新聞

7&iHD(3382)が反発、第1四半期は2.7%営業増益

 セブン&アイ・ホールディングス(3382)が反発。同社は5日の取引終了後、19年2月期の第1四半期(3~5月)連結決算を発表、営業収益は1兆5990億3400万円(前年同期比8.9%増)、営業利益は863億7600万円(同2.7%増)、純利益は428億8700万円(同27.5%増)と増収増益だった。北米の7-Eleven, Inc.では、収益性の低い既存店舗等の閉店を進めるとともに、オリジナル商品の開発及び販売に注力したことで好調に推移している。
 通期は営業収益6兆6830億円(前期比10.7%増)、営業利益4150億円(同6.0%増)、純利益2100億円(同15.9%増)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket