企業|企業速報 証券市場新聞

吉野家HD(9861)が3日続落、第1四半期は1億7800万円の営業赤字

 吉野家ホールディングス(9861)が3日続落。同社は6日の取引終了後、19年2月期の第1四半期(3~5月)連結決算を発表、売上高は497億9400万円(前年同期比2.7%増)、営業損益は1億7800万円の赤字(前年同期7億4800万円の黒字)、最終損益は3億8800万円の赤字(同4億1900万円の黒字)だった。、肉・米を中心とした食材価格の上昇や、労働力を確保するための採用・教育コストが上昇したこと、アルバイト・パート時給の上昇などもあり人件費が増加したことが影響している。
 通期は売上高2110億円(前期比6.3%増)、営業利益41億円(同2.0%増)、純利益17億円(同14.0%増)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket