ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

住江織物(3501)が反落で安値、構造改革諸費用などで18年5月期利益予想を下方修正

 住江織物(3501)が反落、年初来安値を更新した。同社は6日の取引終了後、18年5月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を975億円から978億円(前期比1.8%増)へ、営業利益を28億円から22億円(同69.6%増)へ、純利益を15億円から10億5000万円(同40.4倍)へ修正した。事業の再構築に係る構造改革諸費用を計上したことやこれらに絡む特別損失を計上したことが影響している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket