スーパーマーケット|企業速報 証券市場新聞

東武ストア(8274)が後場急落、第1四半期11.7%営業減益を嫌気

 東武ストア(8274)が後場急落。同社はこの日14時に、19年2月期の第1四半期(3~5月)連結決算を発表、売上高は204億200万円(前年同期比1.8%減)、営業利益は2億4600万円(同11.7%減)、純利益は1億3300万円(同36.4%減)と2ケタ減益となったことを嫌気した。人件費や広告宣伝費等の経費削減を行ったものの、売上総利益の減少を補うことが出来ていない。
 通期は売上高840億円(前期比0.4%増)、営業利益11億9000万円(同11.7%増)、純利益5億5000万円(同6.5%減)と従来予想を据え置いている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket