企業|企業速報 証券市場新聞

GMOリサーチ(3695)が急伸、前週末比294円高の1452円まで上げ幅を広げ4カ月ぶりに年初来高値を更新した。28日引け後に発表した16年12月期第1四半期(1~3月)の連結決算は、営業利益8700万円(前年同期比68.7%増)と大幅増益で着地したことが好感されている。
DMP専業国内最大手のインティメート・マージャーと提携、DIY型リサーチシステムプラットフォームサービスを充実したことで売り上げが拡大、利益が急増した。通期計画の2億2000万円(前期比36.0%増)に対する第1四半期の進捗率は39.5%に達し、利益上ぶれも意識されたようだ。

証券市場新聞

Pocket