決算|企業速報 証券市場新聞

津田駒(6217)が続伸、第2四半期6.4倍営業増益を好感

 津田駒工業(6217)が続伸。同社は12日の取引終了後、18年11月期第2四半期累計(17年12月~18年5月)の連結決算を発表、売上高は199億1400万円(前年同期比13.8%増)、営業利益は2億4300万円(同6.4倍)、最終損益は1億2000万円の黒字(同8300万円の赤字)だった。繊維機械事業では、インド市場は昨年後半の新税制導入に伴う混乱は終息し、銀行の融資審査には厳しさが残るものの、活発な引き合いが続き、L/C(信用状)の開設も回復している
 通期は売上高420億円(前期比5.8%増)、営業利益10億円(同60.8%増)、純利益8億5000万円(同4.6倍)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket