電子部品|企業速報 証券市場新聞

ハーモニックがS安、第1四半期受注高半減し収益下振れを警戒

ハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)がストップ安まで売られ、3週間ぶりに年初来安値を更新した。前週末取引終了後に発表した19年3月期第1四半期の受注高が前年同期比46.9%減の95億4600万円と急減した。中国市場をはじめとする小型産業用ロボットの在庫調整に伴い、高水準で推移してきた減速装置の需要が減退。産業用ロボット、半導体製造装置、フラットパネルディスプレイ製造装置など主要用途全般に減少しており、受注残は高水準で業績に変更はないとしたが、収益下振れを警戒した売りがかさんだ。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket