企業|企業速報 証券市場新聞

タカタ(7312)が急落。1日付け日本経済新聞が「異常破裂で死傷事故を起こしたタカタ製エアバッグを巡り、米当局がリコール(回収・無償修理)対象車を追加する方針を固めたことがわかった」と報じたことを受け、売り直される格好になった。
追加台数は数千万台規模にのぼる見通しで、現在、全世界で6000万台がリコール対象になっているが、多額の負担増は避けられそうもないと伝えており、先行き一段の状況悪化を警戒した見切り売りが出ているようだ。

証券市場新聞

Pocket