企業速報01|企業速報 証券市場新聞

東海カ(5301)が反発、営業利益が前期比6倍観測報道が買い手掛かり

 東海カーボン(5301)が反発。20日付の日本経済新聞が「2018年12月期の連結営業利益は、前期比6倍の700億円超になりそうだ」と報じたことが買い手掛かりになった。最高益を見込んでいた従来予想(657億円)を50億円強上回る。需給が逼迫する黒鉛電極の販売価格を7月から引き上げたため、黒鉛電極事業の利益が一段と拡大する。想定レートに比べて円安が進んでおり、輸出採算が改善するのも追い風となるとしており、一段の利益上振れも意識された。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket